渡辺課長 最終回「エコ・セールスピープル編」総評 マンガでおなじみ 渡辺営業課長への挑戦 日本ヒューレット・パッカード ホームページ

最終回「エコ・セールスピープル編」総評
意外と高いエコ意識。グリーンITの啓蒙者としての素地十分
渡辺課長も希望を抱く検定結果 平均 68.3点
回答者の得点分布
本年は洞爺湖サミットの開催やグリーンITなどの流行もあり、検定の最後を飾るテーマには「エコ」を取りあげた。
大変多くの読者の方々ご参加いただき、あらためて環境問題の関心の高さがうかがえた。
今後もIT関係者としてエコには引き続き関心を持っていただきたいものである。
それでは解説してみたい。
全体的にはグラフのように50−80点の間に回答者がほとんどまとまり、問題の難易度から考えると参加者のエコ意識は平均よりは高いと言える。
解説
ITでエコに貢献できる。参加者の高い意識に感銘
設問ごとの得点状況
それでは注目すべき問題をいくつかみていこう。私が一番驚いた結果はQ6であった。グリーンITについてどのように考えているのかを問う設問であったが、10点の配点である3の「ITの販売でエコに貢献できることは素晴らしい」が圧倒的に多かったのだ。これがもし本心からそう思われているとしたら、IT業界の展望も明るいと思う。
その反対に2)の「正直、セールストークだと思う。効果は期待できない。」を選らんだ方は数名だけであった。IT業界には以前より実態のない略語やカタカナが多かったので眉唾で捉える人も多いと思うが、グリーンITに関しては私は本物だと思っている。なぜならIT機器で着実に省エネや省スペースなど実現できエコに結びつくからだ。
解説
 
5回の検定を通して思うこと

今回で第5回目の検定も終了したので、これまでの検定を総括したいと思う。

第1回効率性・生産性編(2008年4月)
第2回フレッシャーズ向け編(2008年6月)
第3回IT上級者向け編(2008年7月)
第4回地頭力編(2008年8月)
第5回エコ・セールスピープル編(2008年9月)

4月から5回にわたって様々テーマでIT業界の営業パーソンとして必要だと思われるスキルや知識を検定してきたが、まずは参加いただいた読者の方々に御礼を申し上げたい。

検定では知識よりも知恵を計ることを念頭に置き、調べればわかることよりも営業マンとしてのノウハウや勘所などに焦点をあてて設問を考えてきた。製品情報や市場情報などはネットを活用すれば簡単に手に入るが、お客様自身の課題やそれを理解する為の方法などはネットでは手に入らないのだ。
実際検定の中でも知識を問う問題の正解率は高いが、勘所といった設問は高くなかった。(この勘所も私の考え方であるので必ずしも一致しないことは当然であるが・・・。)

いずれにしても、営業マンとして最も必要なことは「考える」ことだと私は思う。
そんな考える機会をなんとかメルマガ読者にご提供したく今回の検定をはじめた次第であった。
私の独断と偏見によるセールススキル診断におつきあいいただき、ありがとうございました。
またメルマガ誌面でお会いできることを楽しみにしています。

[このページのトップへ▲]
 
この記事は、HP PartnerNews 配信後、その週末までにご回答いただいた皆様の結果を元に執筆しています。

第5回「エコ・セールスピープル編」問題
渡辺営業課長への挑戦トップへ
最終回「エコ・セールスピープル編」
問題
回答&解説
総評
第4回「地頭力(問題解決能力)編」
問題
回答&解説
総評
第3回「ITプロフェッショナル向け」
問題
回答&解説
総評
第2回「フレッシャーズ向け」
問題
回答&解説
総評
第1回「効率性・生産性」
問題
回答&解説
総評

渡辺営業課長への挑戦トップへ
HP PartnerNews HP Partner Portal マンガ「バリューセールスへの挑戦」
© 2017 Hewlett-Packard Development Company.L.P.
第3回の問題と回答を見る